英語よもやま

イギリスはティーバッグを絞る

どれぐらいの人がイギリスについて知っているか分からないけども、イギリスは紅茶の国です。

自国で作ってもおらぬのに紅茶の国とはこれ如何にという思いがよぎらないでもないが、とにかく紅茶の国です。

日本では、紅茶の高級品をありがたがって、紅茶葉の詰まったシルバーの袋からスプーンで軽量したりなんかしながら、じっくり抽出して、茶こしに注いで茶葉をだして、、、とかやってるけど、実際、イギリスでそんなことしてるの、観光客相手のホテルぐらいじゃないか。

私はイギリスの喫茶店で見たことない。

どこもかしこもティーバッグだ。

UK Tea & Infusions Associationによると、イギリスでのティーバッグ使用率は96%、ホテルだろうが喫茶店だろうが家庭用だろうが、断然ダントツでティーバッグ。

もういっちょ驚きを加えるなら、そのティーバッグを絞るから。

緑茶のティーバッグだったら、ちょいちょいてお湯の中で泳がせて静かに引き上げない?

紅茶のティーバッグは、ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅ~って絞って、かすも出なくなるまでエキス出し尽くす。

そうそう、しかも今は、ティーバッグに含まれるプラが問題になって、大手はどこも紙製のティーバッグ使ってる宣言をしている。

それがイギリスの紅茶最先端です。

ちなみに、知っている方もおおいだろうが、ロイヤルミルクティーはイギリスにはありません。

ナポリタンがイタリアにないようにね。

もっともベーシックなブレンド、イングリッシュブレックファーストは、冷たいミルクをちょいと入れておわり。

アールグレイもちょいミルクか、ストレート。(ただし、これは好み)

砂糖を入れるのは少数派、レモンティーは、緑茶にレモンと同じくらい違和感あり。

以上、よろしく!

Ms. Smith

TOEIC985、英検1級。 現在はIELT研究中。 活字中毒。Kindleの中にはざっと3000冊(ほぼ漫画)。 イギリス夫といなかで翻訳業を営んでおります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です