Web/app英語よもやま英語一般

英語学習にitalkiをお勧めする理由

ネット上には数多のオンラインスクールがありますが、留学経験なし、独学でTOEIC950、英検1級を取得した私が長年愛用していたオンラインスクールはitalkiです。

この記事では、英語、またはその他の外国語、そしてマルチンガルを目指すみなさまに、italkiについてご紹介いたします。

記事の後半では、italki独自のシステムである”Community Tutor”についてもしっかり解説いたしますのでお見逃しなく!

italkiとは

なぜか日本では認知度の低いitalkiですが、グローバルで使用されているれっきとした言語学習サイトのひとつです。

2007年創設のitalkiの本社は上海にあります。

創設当初は言語交換コミュニティサイトでの運営を予定していたのですが、2009 年ごろからは教師がオンライン個別指導サービスを提供して収入を得られるサイトとして確立され、その後成長を重ねます。

本社が上海なので中国語が多いのかなと思えば、やはり需要の大きい英語は最大のマーケットのようです。

itaIkiの利用者は全世界で500万人、登録の講師やコミュニティチューターは全世界に2万人以上です。

学べる言語は19か国語以上にのぼります。

メインは1対1のプライベートレッスン、現在は待望のグループレッスンの提供も始まっています。

ちなみに”italki”、こちらは「アイトーキー」と読みます。


italkiの特徴

① 会員登録は無料、月額使用料などの縛りがない。

② 24時間365日自分の都合の良いときに使える

③ 第二言語ではなく、ネイティブスピーカーの講師が多い。

④ 講師やCommunity tutorの数が多いので、自分に合う講師を探せる。

④ 英語以外も19か国語以上が学べる

⑤ グループレッスンがある

italkiのメリット

次に私見ですが、italkiのメリットを考えてみました。

上記の特徴の中でも、ネイティブスピーカーと話せるのはアツいですね。

それから英語以外が勉強できる、グループレッスンがある、という探しても案外ないプランが充実しているのも魅力です。

費用を抑えるなら、英語が公用語の国の講師が在籍するオンライン英会話スクールで学ばれる方が多いと思います。

私も有名どころでレッスンを受けていました。

しかしやはりなまりが結構気になってしまって集中できませんでした。

正直、英語の初期にいる方々は、なまりまで気にしなくていいでしょう。

時々、英語のなまりがうつることを気にされるビギナーの方がいらっしゃいますが、もしその方がイギリス英語もアメリカ英語もオーストラリア英語も同じに聞こえる段階なら、気にしないくていいです。

まずは、安価な英会話スクールで、レッスン回数を多くとり、文法や単語を使いまわすことをお勧めします。

italkiのデメリット

デメリットは、日本人サポーターなどはいません。

ですので、まったくのゼロ、ABCから覚えなくてはいけない初心者の方は、講師と意思の疎通ができません。

ただ、言語教育には直接教授法(Direct Method)と間接教授法(Indirect Method)があり、伸びるのはDirect Methodと言われます。

ですので、当たって砕けろタイプの方は、まったくわからない状態からスパルタ方式で始められるのも良いかと思います。

そう考えると、デメリットとして挙げた日本人サポートがないということも、留学先で日本人同士つるんでいては英語ができないのと同じで、単身いきなり本場に飛び込んで失敗して恥をかきながら学ぶ方式も悪くないですね。

早速italkiを使ってみる。

Community Tutorを掘り下げる!

私、italkiの何が好きって、正直このCommunity Tutorの存在が一番好きです。

このサイトはProfessional teachersはみな何らかのライセンスを持っているプロの言語講師ですが、Community Tutorは変な話、普通の一般人です。

普通の一般人(免許のない人たち)で、人に言語を教えるのが好きだとか、いろんな国の人と話したいとか、そういう想いで登録している方たちです。

多くはとても低価格で1レッスンを提供しています。

私はこちらのcommunity Tutorをよく利用していました。

なぜなら、プロの講師は、生徒の弱点をよく知っているので、話し方がゆっくりであったり、簡単な単語を使ってくれたり、辛抱強く聞いてくれたり、面白くもないたどたどしいジョークでほほ笑んでくれさえします。

ですが、ひとたび私が本当にイギリスやアメリカに行くと、一般人は誰ひとりそんなサービスをしてくれることはありません。

話すスピードは速いし、単語もスラングもごちゃまぜだし、なまりもあります。

もちろん私が一生懸命会話を繋げたり文法を直していても、温かい目で見守ってくれるわけもなく。。。

Community Tutorsはお金を支払っているので、一般人よりは優しいですが、プロフェッショナルに比べるとやはり知識やセンスが劣ります。

その分、一般人に近いんです。

なので、プロと話し込んで英語を話せる気になっていきなり現地で落ち込むよりも、いろんなCommunity Tutorsに慣れておいて、現地に行くのが良いと思っています。

そして、ご存じのように、英語は英語が母国語の国民以外も多く使っています。

Community Tutorsを選ぶときは、ドイツ人やスペイン人やイタリア人やブラジル人や中国人など、さまざまな国のCommunity Tutorsとレッスンを持って、いろんな発音の英語に慣れておくことをおすすめします。

italkiの良さは、実際に現地にいるような環境に自分を置くことができるところです。

なかなかほかの語学学校では真似ができません。


まとめ

いかがだったでしょうか。

italkiとほかのオンライン英会話との圧倒的な違いは、講師がProfessional teacher Community tutorの2種類がいて、用途によってレッスンを使い分けることができる点でしょう。

こちらをクリックしていただくと、今なら、入会するだけで$10のボーナス付きでアカウントを作れます。(キャンペーンは予告なく終了します)

会員登録は無料で行えます。

ほとんどの講師がトライアルレッスンを提供しているので、最初はitalkiの使い勝手も兼ねて気軽に予約をしてみましょう。

italkiの支払い方法は以下から選択する形です。

クレジットカード、Paypal、Skrill、Apple Pay、UnionPay、Alipay

だいたいは、クレジットカード、Paypal、Apple Payあたりが使われるのかなと思います。

Paypalは日本では馴染みがない方も多いと思いますが、クレジットカードの番号をサイト自体に入力する手間とリスクが省かれるので、人気があります。

個人的にはなんでもっと浸透しないのか不思議です。

特に英検1級を受ける2カ月前からはIDIYにとてもお世話になりました。

もちろん小論文対策です。

とにかく書いて書いて書いて、いちいち図らなくても単語数がだいたい予測がつくようになるまで使い続けました。

現在は講師として登録し、英作文のチェックをしています。

IDIYでの私のプロフィールはこちらからご覧いただけます。

アカウントを作成し、まずは無料で英作文を作ってみましょう。

ネタがなくてもご安心ください。

バラエティ溢れるエクササイズが目白押しで、どれについて書こうか、逆に悩むこと請け合いです。

Ms. Smith

TOEIC985、英検1級。 現在はIELT研究中。 活字中毒。Kindleの中にはざっと3000冊(ほぼ漫画)。 イギリス夫といなかで翻訳業を営んでおります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です